J's Trumpet
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.20 (Fri)

予約完了!

The Last (CD4枚組+DVD3枚組) (数量限定生産盤)
The Last (CD4枚組+DVD3枚組) (数量限定生産盤)

2015/03/04に発売する、
東京スカパラダイスオーケストラのベストアルバム。

悩みに悩んで、限定生産盤を予約しました^^

スポンサーサイト
18:56  |  CD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.23 (Sun)

継続は力なり!

ここ数日High Dが出るようになって、昨日は上のEbのスケールができました。High Fの音も当てることができたし。

もちろん、高い音=上手いというわけでもありませんし、曲で使えなければ意味がありませんけどね(汗)

ここしばらく、練習の最初にオープンでとにかくppくらいで音を出すようにしていました。五線のFくらいからかすれて、チューニングのBbまでたどりつかなかったのですが、続けるうちにBbまでクリアになることがあり、さらには五線の上のFまでなんとか音の形になってきました。

この練習では音がかすれていても、とにかく唇の振動を感じるようにして、高音にいけばいくほど、息のスピードを意識するようにしていました。

高音域ではプレスもしているけど、とにかく息のスピードを今も意識しています。そして、最初かなかりのプレスでしたが、少しずつプレスの力をなくすようにしているという状態です。もっとも完全にプレスはなくすこと出来ないかな?と今の段階では思ってますが。。。

まだ、余裕ってわけではありませんが、音域が広がりつつあるのは非常に嬉しいですね。教本の高音域で飛ばしていたことが練習する気になれました(笑)

やっぱりあきらめず継続しているとできることが増えるんですね!
17:02  |  トランペット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.09 (Thu)

マウスピースの試奏

マウスピースのことは気にしないようにしていたのですが、たまたま楽器屋の近くまで行ったので、ちょっと試奏させてもらうことにしました。

いろいろ調べていて、YAMAHAのマウスピース EM1が、ずっと気になっていました。

特別ハイノートが必要というわけではありませんが、マウスピースの形がいいなぁと思ったわけです。

でも、ハイノート用で中低音がいまいち安定しないなどの話もあり、実際吹いてみないと分からないなぁと。もっとも、購入するとすればの話ですが。。。

ただ、楽器屋の近くだったのでどうせなら試しておこうとなったわけです。私が試した感想は特に中低音も気にならないと感じました。その日初めて楽器を吹いたので、高音域は特に試していませんが、後はじっくり使ってみないと分からないだろうなという感じでした。

マウスピースもかなり使用してきたので、そろそろ買い換えてもいいかなぁという気分になってきました^^;

が、もう一つ気になっているマウスピースがあるんですよ。Marcinkiewicz SP トランペット マウスピース E9.1 Bobby Shew #1.5ってやつです。

近くの楽器屋では置いていないようなので、試奏できないのが難点です。これまたこだわりはなく、単に形が気に入ったわけですがf^^;

試奏できないなら、ネットで一か八かの購入となるわけです。

年内は購入しないと思うので、もう少しいろいろ調べてみようかなと思ってますが、他にも気になるけど試奏できないものが出てきたら困りますねぇ。。。
17:44  |  トランペット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.03 (Fri)

吹くのが楽しくなってきました^^

先月の半ば忙しく一週間ほど全く楽器を吹けない(触ることすらできない)状況になってしまいました。

それなのに久しぶりに楽器を吹くと、最初は感覚を取り戻すのに若干時間が必要でしたが、思ったよりも音が出て実音のHighCも学生時代よりしっかりなっていました。

が、数日後なんだか突然変な音になってしまい、どの高さの音も詰まった感じで吹いていても苦しくなりました。原因はマウスピースに汚れが溜まってドロドロしたものが詰まっていたのです。

そういえば長い間掃除していなかったなぁと思い、時間がなかったのでマウスピースのみ洗浄して終了。

再び楽器を吹くと、詰まった感じはなくなったものの、チューニングBbの上のCからがかすれ気味。何度か吹いてると鳴るのですが、マウスピースを口から外すと、またすぐにかすれてしまいます。

本体も洗浄してなかったので本体を分解して洗浄。抵抗がなくなんだか別の楽器みたいに(汗)

それでも、音がかすれる現象は変わらず、口が壊れたのかな?と思ったのですが、Bbから下は問題なく鳴るのでいろいろ原因をネットで検索していました。

学生時代から今まで考えたことも感じたこともなかったのですが、マウスピースが大きすぎるのかな?などと思い始め、いろいろ物色していました。

やっぱり試奏せずに購入する気にはなれないので、その間も今のマウスピースで練習していたのですが、ここ最近なんだか前のみたいに鳴るようになってきました。

今、最高の生バンドと豪華ストリングスをバックに吹く珠玉のジャズ・スタンダードという本の「ラウンドミッドナイト」を練習しているのですが、HighBが何度吹いても鳴ってくれるので、嬉しくてついそのフレーズを何度も練習してしまいます。

そう、バテるまでやってしまうのです。なんだか原因は分からなかったのですが、このバテるまでやってしまうことがダメなんじゃないかと。

しばらくはマウスピースはこのままで、練習のコントロールをしっかりしていこうと思います。
19:44  |  トランペット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.09.13 (Sat)

音の高さの認識を変えました

ここ一年くらいでしょうか。音域に関する認識を変えたのは。

トランペットを吹き始めてからずっとLow Bbから下のE#までを低音域、五線譜内のチューニングBbまでを中音域、それ以上が高音域という感じで意識していました。

何の影響で変化したのか覚えていませんが、一年ほど前から五線譜の下のE#から五線譜内のFまでを低音、五線譜の外のFまでを中音域、それ以上を高音域というように捉えるようになりました。

意識を変えると上のFの音が出しやすくなり、自然にHigh Bbも当てやすくなったように思います。常に楽に出せるというわけではありませんが、学生の頃は力ずくだったことを考えると、かなり力まずに出せるようになったと思います。

そして、あまりにも嬉しくて何度もチャレンジしていたら、High Dも当たるようになってきました。まだまだ、曲で使えるというものではありませんが、学生の頃には出したことのない音です。

練習時間が減って持久力はかなりなくなっているとは思うのですが、出なかった音が出るようになってきたというのは嬉しいものです。

もっとも、音が出ればいいというわけではなく、どれだけ綺麗に出したいときに正確に当てることができるかが大切なんですけどね(苦笑)
15:14  |  トランペット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。